新潟医療技術専門学校

学校の特色

だから選ばれる新潟医療技術専門学校!

毎年多くの学生から選ばれている新潟医療技術専門学校。 そこには確かな理由があります!!

長い歴史と伝統が培ってきた信頼性
 新潟医療技術専門学校は、今年で創立47年を迎えます。臨床検査技師科は創立当時から、視能訓練士科は3年制の養成校としては全国初、救急救命士科は東北・北信越初の養成校と、長い歴史と伝統があります。本年度からは看護学科が新たに加わり、新たな歴史を刻みます。
大学よりも早く国家資格が取得できる
 4年制大学よりも1年早い3年間で学び、国家試験の受験資格を取得できるのが専門学校の強みです。1年早く国家資格を取得し、就職できるため、大学生よりも早く社会で活躍することができます。
広く深く学べる授業とカリキュラム
 医療のスペシャリストになるためには、高い実践力が要求されます。基本技術を学ぶ学内実習では、臨床現場を想定して様々な状況に正確に対応できるように、実際に使用されている医療機器やシミュレーターを用いて、繰り返し技術を磨きます。
国家資格取得者の高い就職率
 新潟医療技術専門学校は、全学科において全国各地から数多くの求人を頂いています。就職指導体制は1年次より整え、国家資格取得を目指すのみならず、医療職者としての人間形成・マナーの育成にも力を入れています。その結果、毎年高い就職率に結びついています
全国各地で活躍する有能な卒業生
 長い歴史と伝統がある新潟医療技術専門学校では、これまでに5,000名を超える質の高い卒業生を輩出してきました。多くの医療機関に卒業生という先輩がいるため、手厚い実習指導を受けることができるだけでなく、就職にも有利です。
学生一人ひとりを大切にする指導方法
 臨床検査技師科・視能訓練士科・救急救命士科はそれぞれ40名定員の少人数制クラス、看護学科は1年次よりチューター制度を導入します。これにより、学生一人ひとりの個性を生かしながら、学生の主体性を大切にした、きめ細かい指導を行うことができま
学びとキャンパスライフを楽しむ充実の施設設備
 新潟医療技術専門学校は、平成29年度より、臨床検査技師科・看護学科の『西新潟中央病院キャンパス』と、視能訓練士科・救急救命士科の『新潟キャンパス』の2ヵ所に拡大します。サークル活動や学園祭、体育祭など4科合同で行う行事もあり、2つのキャンパスの交流が豊かな学生生活を支えます。
充実の国家試験と就職サポート体制
 国家試験合格は全学生共通の目標です。教員による早期学習段階からの熱意ある国家試験対策により、国家試験合格に必要な知識を確実に身につけることができます。また国家試験合格までの生活管理・精神的サポートにより、学習に集中できる環境づくりを支援します。