新潟医療技術専門学校

学校概要

学校理念

豊かな人間性と高い倫理観を備えた医療技術分野における有意な人材を育成し、
生命と健康を大切にする安心・安全な地域社会づくりに貢献する。

校長挨拶

学校長 吉川 惠次

 本校は、医療技術者を養成する歴史ある私学です。既に5,000人を超える卒業生が医療現場で日々活躍しておられます。

さて、最近の医学は飛躍的な進歩を続け、一例を挙げると、疾病治療の最先端の研究は遺伝子レベルで行われており、他方、今日の医療は「チーム医療」の形をとるに至っています。医師だけによる医療は困難となり、専門知識と技術をもった多くの専門職種の医療人が患者さんを中心に集まり、協力する医療が必然となっています。チーム医療への傾向は、これから益々強くなると思われます。

臨床検査技師、視能訓練士は様々な検査を行います。検査技術の進歩が現代医療の進歩の大きな原動力であることは紛れもない事実ですが、一方で、今日、全ての医療人が患者さんに優しい気持ちで接することの大切さも強調されています。救急救命士は、未だ発展途上の医療職種ですが、もちろん傷病者をいたわる気持ちが基本です。自治体消防組織での救急救命分野の重要性は益々高まっています。3職種それぞれに特徴はありますが、医療を担う専門職への社会の期待にはとても大きなものがあります。 進路に自信をもって目的に蓮進して下さい。素晴らしい、大きな夢の実現に、本校の情熱あふれる教育スタッフが全力を尽くします。

沿革

1967年3月(昭和42年) 学校法人新潟技術学園設立認可(新潟県知事)
1968年2月(昭和43年) 学校法人新潟技術学園(文部大臣)
1968年4月(昭和43年) 新潟工業短期大学開学
1971年3月(昭和46年) 新潟医療技術専門学校臨床検査技師科養成所指定(厚生大臣)
1971年4月(昭和46年) 臨床検査技師科開校(入学定員40名)
1971年4月(昭和46年) 新潟医療技術専門学校開校
1972年3月(昭和47年) 各種学校設置認可(新潟県知事)
1972年3月(昭和47年) 臨床検査技師科入学定員変更(80名)
1976年2月(昭和51年) 視能訓練士科養成所指定(厚生大臣)
1976年4月(昭和51年) 専修学校設置認可(新潟県知事)
1977年4月(昭和52年) 視能訓練士科開設(入学定員40名)
1977年4月(昭和52年) 新潟薬科大学開学
1977年7月(昭和52年) 新棟竣工(新潟医療技術専門学校A棟)
1987年3月(昭和62年) 新潟医療技術専門学校15周年記念式典挙行
1992年4月(平成4年) 学校法人新潟科学技術学園に法人名変更
1995年1月(平成7年) 専門士の称号付与の認定(文部大臣)
1996年3月(平成8年) 新潟医療技術専門学校25周年記念式典挙行
1998年3月(平成10年) 新棟竣工(新潟医療技術専門学校B棟)
1998年3月(平成10年) 救急救命士科養成所指定(厚生大臣)
1998年4月(平成10年) 救急救命士科開設(入学定員40名)
1998年6月(平成10年) 救急救命士科開設記念式典挙行
1999年1月(平成11年) 訪問介護員(ホームヘルパー) 2級養成研修事業指定(新潟県知事)
2009年4月(平成21年) 臨床検査技師科入学定員変更(40名)

学則

新潟医療技術専門学校学則(PDF 397KB)