臨地実習が始まります

   皆様、こんにちは。 臨床検査技師科笠原です。

 

2015年度が始まり1ヶ月が経ちました。

待ちに待ったGWもあっという間に過ぎ去り、

また現実の日々に戻され仕事の日々が続きます。

気持ちを切り替えて頑張りましょう。

 

 

この5月から臨床検査技師科3年生の「臨地実習」がいよいよスタート致します。

期待と希望に胸を膨らませる中、緊張という2文字が体中を駆け巡っていると思います。

 

そこで今回のブログは 「臨地実習」 の一環として

新潟市内にある病院の検査技師長様から

「病院感染対策の基本と安全管理」

と題して講義と実習をお願い致しました。

 

その中で特に手洗いが学生達には好評で、何気なく石鹸で手指を洗っていても、

指の根本先端部分に洗い残しが多い事がわかり、手指の正しい洗い方を学ぶ事ができました。

 

    <クリームを塗る前>写真1               <クリームを塗った後>写真2

1   2

 とても綺麗な手指です。      手指全体にクリームが付着しています。

 

 

 

     <石鹸で手洗い後1>写真3                 <石鹸で手洗い後2>写真4

3       4

手洗い後、指の付け根に        手首にもクリームが残っています。

クリームが残っています。

 

 

 

 

 

 

 

「臨地実習」は一生に一度の経験です。

様々な事を経験し、一回り二回りと成長して 将来の臨床検査技師 として向って頑張って下さい。


臨地実習が始まります」への2件のフィードバック

  1. 笠原先生、お疲れ様です。当院(長岡市の某病院)にも実習生がやってきた様ですね。
    あまり相手も出来ないかも知れませんが、学生さんには頑張って、些細な事も覚えて帰ってもらいたいですね。

  2. 卒業生T.K様

    本校HPをいつもご覧いただきありがとうございます。
    また心温まるコメントありがとうございました。
    この5月から学生達は緊張しながら臨地実習に臨んでいます。何事にも積極的に実習に取組み、将来の臨床検査技師像を自分なりに描いて欲しいと願っています。
    現場の技師の方々もお忙しいとは思いますが、ご指導の程宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です