基礎看護学実習Ⅰ-b始まる!!

こんにちは。看護学科の細川です。2月なのに、暖かい日が多くなってきましたね♪

看護学科では、1年生の基礎看護学実習Ⅰ-bが2/18から始まりました♪Aクラスの学生は、2/18から5日間の実習を終え、今頃はホッとしている頃だと思います。
そして、本日からBクラスの実習が始まりました!!
基礎看護学実習Ⅰは、1年生の時期に行われる実習で、臨床の看護師さんの生の看護活動の場面を見学し、説明を受けながら看護について考える貴重な実習になります。
明日からの病院実習に向けて、実習グループメンバーと一緒に、今まで習った知識や技術の確認を行っていました。みんなが頑張っている姿です♪

【車椅子移乗の援助】学生が、患者さん役・看護師さん役になって、車椅子の乗り降りの援助を実践していました。周りにいるメンバーは、実践場面を観察しながら助言を行い、みんなで考え技術の確認をしていました。

【体位変換の援助】学生が、患者さん役になり、実習病棟に行く患者さんをイメージしながら、安楽で効果的な体位変換について、グループメンバーで話し合いながら実践していました。

【知識や援助の確認】実習病棟によっては、実習前の準備として、DVDで知識や援助の確認を行います。

病院実習は、学生にとって不安になったり、緊張する場所ではあります。しかし、患者さんや指導してくださる看護師さんの学びから、不安が悦びに変わる場所でもあります。1人1人が実習での学びを楽しんできて欲しいと願っています♪みんな頑張れ~♪

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です