Department学科紹介

臨床検査技師科

検査データを分析する、 医療現場に欠かせない技術者。

修学年数 3年/募集定員 40人

臨床検査技師とは、心電計や脳波計などの機器を用いて患者様の身体の表面や内部から直接データを得たり、患者様から採取される検体(血液や尿、便など)を分析することで、診断や治療に必要な情報を医師へ提供する検査のスペシャリストです。臨床検査技師の活躍の幅はとても広く、病院以外に検査を外部委託される検査センター、学校や企業などの健康診断を行う健診センター、近所の専門クリニックなどでも活躍しています。検査以外にも、不妊症治療の人工授精に携わる胚培養士(エンブリオロジスト)や、糖尿病患者様の療養(自己管理)を指導する糖尿病療養指導士としても活躍しています